2018年12月 4日 (火)

今はもう冬である。冬といえば、小生はヴィバルデイの「四季」の「冬」をポップス風にアレンジしたこのミュージックビデオが大好きである。

C'est déjà l'hiver maintenant. En ce qui concerne l'hiver, je suis très friands de cette vidéo de musique; où "L'hiver" des Quatre Saisons d'Antonio Vivaldi était arrangé comme une musique populaire.

Raymond Lefèvre :
L'hiver des Quatre Saisons 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

UQ mobile は悪徳会社

UQ mobile は小生の母親のような高齢者を騙して契約させ、クーリングオフに応じずに逃げ回ろうとする、とんでもない悪徳会社である。
クーリングオフから逃れるために量販店で契約させるような携帯電話等の販売には、騙されないように要注意である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

11月23日は

11月23日(金)は祝日ですが、塾はあります。
午前より塾を開けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

反復学習が大切

学習内容の定着には反復が大切です。一度や二度サラリと勉強して学習内容が定着するのなら苦労は必要ないのですが、そうは行きません。

春日学習室は反復学習を重視して、塾生一人ひとりに個別対応して学習を進めます。
無料体験学習も実施しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

Little Pet Still Alive

Our juku-school's little pet is still alive in November.

Pb050019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

スマホ

スマートフォン(スマホ)が子供たちの学習意欲の低下に影響を、しかもかなり大きな影響を及ぼしていることは、間違いないと実感させられる。
もちろん、スマホの所有に肯定的な側面もあることは、否定できまい。しかし、スマホの所有に一定の制限を設けることは、子どもたちのために必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

朝から晩まで

期末テストが終ったが、やはり勉強不足の者が多いようである。
試験前にちょこっと勉強しただけで結果が出せたら、誰も苦労しないであろう。次の期末試験も近づいているので、試験前の土日と祝日には、勉強日を割り振って朝から晩までの「一日勉」を実施する予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

シャルル・アズナブール氏

 10月1日にフランスのシャンソン歌手のシャルル・アズナブール (Charles Aznavour) が死去された。94歳という高齢ながら死去の直前までお元気で、死去の半月ほど前には日本に来日して NHKホールで歌っている。
 この人の歌について、小生はかなり前にこのブログでとりあげたことがある。それは彼の代表曲の一つ Hier Encore についてであるが、そのブログを部分的に書きかえてここに再掲載することにする。

 英語に限らず語学の習得のためには、(文法の学習に加えて、) 例えば映画のサウンド・トラックのようなものを丸々、真似をしながら暗証するのが効果的である。だが、もっと手っ取り早い方法は、原語の歌を真似して歌うことである。もっとも、その際には適した歌を選ぶ必要がある。
 Beatlesの"Yesterday" や "The Long and Winding Road"、Carpentersの"Yesterday Once More" などは非常によい教材だと思われる。Yesterday Once More の出だしの部分を少しだけ示すと、


When I was young
若かりしとき
I'd listen to the radio
私はよくラジオを聴いたものだ
Waitin' for my favorite songs
私の気に入った歌[が流れるの]を待ちながら
When they played I'd sing along
それらの曲がかかると私はいっしょに歌い
It made me smile.
そのことは私を微笑ませた

 ところで、"Yesterday once more" といえば、フランスのシャンソンにも同名の"Hier encore"という曲がある。シャルル・アズナブール (Charles Aznavour) という歌手が歌った曲であるが、その一部を示すと

Hier encore
過ぎし日よもう一度
J'avais vingt ans
オレは20歳で
Mais j'ai perdu mon temps
でも、オレは自分の時代を失ってしまった
A faire des folies
バカなことをやって
Qui ne me laissent au fond
実際、それはオレに残していない
Rien de vraiment précis
本当に確かなものを何も
Que quelques rides au front
額の数本の皺と
Et la peur de l'ennui
倦怠の不安以外には

Du meilleur et du pire
よいものと悪いものの中から
En jetant le meilleur
よいものを投げ捨てて
J'ai figé mes sourires
オレは微笑を固まらせ
Et j'ai glacé mes pleurs
オレは涙を凍らせた
Où sont-ils à présent
いま何処にあるんだ
A présent mes vingt ans?
いまオレの20歳は?

 嘗てこの歌詞を、パソコン教室のお客さんであった年配のご婦人に紹介したときには、「人生そのものですね」というコメントがなされた。小生自身も、そのとおりだと実感している。「よいものと悪いものの中からよいものを投げ捨てて」生きてゆくのが、人生である。
 なお、ここに示した和訳は、小生自身のものである。


 どちらの歌もYou Tubeで聴くことができる。
Yesterday once more
Hier encore

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«地道に真面目に