2018年10月 3日 (水)

シャルル・アズナブール氏

 10月1日にフランスのシャンソン歌手のシャルル・アズナブール (Charles Aznavour) が死去された。94歳という高齢ながら死去の直前までお元気で、死去の半月ほど前には日本に来日して NHKホールで歌っている。
 この人の歌について、小生はかなり前にこのブログでとりあげたことがある。それは彼の代表曲の一つ Hier Encore についてであるが、そのブログを部分的に書きかえてここに再掲載することにする。

 英語に限らず語学の習得のためには、(文法の学習に加えて、) 例えば映画のサウンド・トラックのようなものを丸々、真似をしながら暗証するのが効果的である。だが、もっと手っ取り早い方法は、原語の歌を真似して歌うことである。もっとも、その際には適した歌を選ぶ必要がある。
 Beatlesの"Yesterday" や "The Long and Winding Road"、Carpentersの"Yesterday Once More" などは非常によい教材だと思われる。Yesterday Once More の出だしの部分を少しだけ示すと、


When I was young
若かりしとき
I'd listen to the radio
私はよくラジオを聴いたものだ
Waitin' for my favorite songs
私の気に入った歌[が流れるの]を待ちながら
When they played I'd sing along
それらの曲がかかると私はいっしょに歌い
It made me smile.
そのことは私を微笑ませた

 ところで、"Yesterday once more" といえば、フランスのシャンソンにも同名の"Hier encore"という曲がある。シャルル・アズナブール (Charles Aznavour) という歌手が歌った曲であるが、その一部を示すと

Hier encore
過ぎし日よもう一度
J'avais vingt ans
オレは20歳で
Mais j'ai perdu mon temps
でも、オレは自分の時代を失ってしまった
A faire des folies
バカなことをやって
Qui ne me laissent au fond
実際、それはオレに残していない
Rien de vraiment précis
本当に確かなものを何も
Que quelques rides au front
額の数本の皺と
Et la peur de l'ennui
倦怠の不安以外には

Du meilleur et du pire
よいものと悪いものの中から
En jetant le meilleur
よいものを投げ捨てて
J'ai figé mes sourires
オレは微笑を固まらせ
Et j'ai glacé mes pleurs
オレは涙を凍らせた
Où sont-ils à présent
いま何処にあるんだ
A présent mes vingt ans?
いまオレの20歳は?

 嘗てこの歌詞を、パソコン教室のお客さんであった年配のご婦人に紹介したときには、「人生そのものですね」というコメントがなされた。小生自身も、そのとおりだと実感している。「よいものと悪いものの中からよいものを投げ捨てて」生きてゆくのが、人生である。
 なお、ここに示した和訳は、小生自身のものである。


 どちらの歌もYou Tubeで聴くことができる。
Yesterday once more
Hier encore

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

地道に真面目に

短期的な目標は直近のテストで結果を出すことであるが、しかし、それは小生が真に望むことではない。
本当に大切なのは、地道に真面目に努力を続けることであり、しっかり学ぶことである。単に一時的な結果を出しても、努力が伴わなければ砂上の楼閣と同じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

もうすっかり秋である

先日までの酷暑が嘘のように、今日は涼しかった。もうすっかり秋である。


Mélodie D'automne
 (J.M. Lefèvre)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

スマホ依存症の怖さ

塾生たちも、ほとんど皆スマホを持っている。中には依存症の兆候が疑えるような子もいる。そもそも中学生の間はスマホなど要らないはずであり、小学生には尚更不要であると、小生は言いたい。子どもとの連絡には、防犯ブザーとGPS機能のついた子供用携帯で十分であろう。

スマホが子どもたちにとって良くないのは、それが依存症を誘発するからであり、スマホ依存症は本当に怖いからである。

ご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

嘘をつかない.....

「政治に対する姿勢が本当にまじめで嘘をつかない。だから、後援会の方たちもついてきてくださいますし、私も頑張れる。」という石破議員夫人の言葉。何気なくすごいことを言っている。なぜなら、この言葉は、嘘をつく政治家もいることを暗に仄めかしているからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

秋雨 ?

今は秋雨を感じさせる弱い雨が静かに降り続いている。
もう秋なのかとも思えるのだが、来週の後半は残暑がぶり返しそうである。その前に台風21号がやって来るので、被害が心配である。

L'Automne des Quatre Saisons (Raymond Lefèvre)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

夏も終わりなのに、本当に暑い

今日から学校も始まり、夏も終わりなのに、本当に暑い。
こんな状況では、再来年の7月24日からオリンピックを開催するなどというのは、とてもとても無理なことである。やはりオリンピックは9月末から10月にかけて開催するのがベストであろう。
自分が招致したオリンピックにかかわる大問題を議論しようともせずに、急ぐ必要のない改憲の発議を強行しようとする安倍首相には、首相としての責任感が大きく欠如しているように思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

終戦記念日

今日は敗戦から73年目の終戦記念日であった。
想像を絶する戦争の惨状をラジオ等で語ってくださる方々のお話を耳にし、また他方、北朝鮮との戦争も辞さないような安倍政権の反平和主義的な姿勢を見ていると、平和がどれほど大切なのかを改めて実感する。
日本政府によって再び戦争を始められるような憲法への改悪は、絶対に許してはなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«風化させて忘れ去ってはならない